アーク溶射|鋳造・フラックス・溶射は日本鋳造技術研究所

facebook

お問い合わせフォームへ

事業内容

トップページ事業内容溶射加工アーク溶射

アーク溶射

連続的に送給される2本の溶射材料(金属線材)の先端で直流アーク放電させ、溶融した金属を空気ジェットで吹き飛ばす溶射法。

溶射イメージ

アーク溶射の特徴

アーク溶射
アーク溶射
  • 溶射速度が格段に速い。1時間当たり30~40kg分の金属を溶射出来る。
  • 密着強度・皮膜強度がフレーム溶射より高く、5000℃以上と非常に高温で、基材と皮膜皮膜間で拡散層が生じる。
  • 2本の異なるワイヤーを使用する事によって、混合材料や擬似合金化した皮膜が得られる。

アーク溶射で使用される溶射材料とその用途

金属溶射材料

材料名 成分 特徴 用途
低炭素鋼 LowC-Fe 補修・電調 電磁調理器具、肉盛補修品
高炭素鋼 HighC-Fe 耐磨耗 硬化肉盛、軸部補修、各種機械部品
SUS316
(オーステナイト)
Fe-18Cr-12Ni-Mo 耐食・非磁性 SUS304部材補修、沿岸部材
SUS420J2
(マルテンサイト)
Fe-13Cr 耐磨耗 各種摺動部品軸部、硬化肉盛補修
SUS430(フェライト) Fe-18Cr 耐食 厨房機器類、応力腐食割れ緩和
アルミニウム Al 防錆・耐食 屋外ボックス、化学工業用部材、鉄鋼製品各種
亜鉛 Zn 防錆・耐食 屋外ボックス、風力発電部材、鉄鋼製品各種
亜鉛アルミ Zn-Al 防錆・耐食 屋外ボックス、風力発電部材、鉄鋼製品各種
モリブデン Mo 耐熱・耐焼付き 高温工業用部品、ピストンリング
純銅 Cu 導電性 抗菌用途、伝熱管、アンティーク調部材
エバジュール Cu-Si-Mn-B 導電性 純銅より高強度
白銅
(キュプロニッケル)
Cu-Ni 耐食 熱交換器、耐海水用途
アルミ青銅 Cu-Al-Fe 耐食・耐焼付き 海水用部材、化学工業部材
黄銅 Cu-Zn 銅中で加工性良 黄金色装飾、抗菌用途
ニッケルアルミ Ni-Al 下盛材料 溶射皮膜を剥がれ難くする、テフロン下処理
80-20
ニッケルクロム
80Ni-20Cr 耐高温酸化 高温工業用部品、ごみ焼却炉
50-50
ニッケルクロム
50Ni-50Cr 耐高温腐食 高温部品、硫化腐食緩和 (石炭・重油系部材)
モネル 70Ni-30Cu 耐ふっ酸・耐海水 耐海水用部材
チタン Ti 耐食・生体親和性 海洋構造物、医療用インプラント
インコネル625 Ni-Cr-Mo-Fe-Nb 耐塩化物 耐各種酸装置、ボイラー管
インコネル718 Ni-Cr-Mo-Nb-Ti-Al 耐熱性・耐酸化性 耐熱部品、エンジン部材
ハステロイB Ni-Mo-Fe-Co 耐塩化物 耐塩酸用部材、酸洗設備部材
ハステロイC Ni-Cr-Mo-Fe-W-Co 耐各種酸類 耐各種酸用部材、化学装置、熱処理炉用部材
アモルファス合金 Fe-Cr-B-Si-α 耐食・耐磨耗 ボイラー管、各種摩耗部材

その他の溶射方法