耐摩耗・硬度UP・肉盛|鋳造・フラックス・溶射は日本鋳造技術研究所

facebook

お問い合わせフォームへ

事業内容

トップページ事業内容溶射加工耐摩耗・硬度UP・肉盛

耐磨耗・硬度UP・肉盛

「ここだけ磨り減って困る!」「直ぐ磨り減る!」

そんな時は溶射です。
一部分だけ耐磨耗性に優れた金属やセラミック・超硬を溶射する事も可能!!減った箇所に耐磨耗性の材料を肉盛する事も可能です。

まず、基材は殆ど問いません。鋼(軟鋼やステンレス何でも)、アルミ・銅等の非鉄金属、ガラス、木材・・・
色々な物に溶射可能です。

耐磨耗とは

  • 金属面間での磨耗
  • 破片等の微粒子による磨耗
  • 液体による磨耗
  • 腐食による磨耗

磨耗の仕方には色々あり、これらが複雑に絡み合っております。
弊社は、磨耗にあった溶射材の選定とお客様のコストメリットが最大限に引き出せる様ご提案させて頂いております。

溶射の利点

  • 溶射の種類によっては熱歪みが殆どない(母材温度は最大でも200℃程度)
  • 耐磨耗と同時に、異なる付加価値も付与可能(耐食・耐熱等)
  • 溶射材が豊富にある為、費用対効果に見合った数種類の提案が可能
  • スクリューの磨耗する箇所を溶射
    超硬(サーメット)溶射:WC系
    HV:1000~1300・・・耐磨耗性大

  • 軸の磨耗部へ硬化肉盛補修
    金属溶射:SUS420J2(13Cr)系
    HV:300~400・・・硬化肉盛補修

  • メカニカルシール・スリーブ・プランジャー
    セラミック溶射:酸化クロム(Cr2O3)系
    HV:1000~1300・・・潤滑性

  • インペラー羽根の溶射
    自溶性合金溶射:Ni基系
    HV:650~750・・・耐磨耗・耐食・密着強度大

耐磨耗・硬度UP・肉盛には、以下の溶射方法