溶射加工|鋳造・フラックス・溶射は日本鋳造技術研究所

facebook

お問い合わせフォームへ

事業内容

トップページ事業内容溶射加工

溶射加工

溶射(thermal spray)とは、電気、ガス等の様々なエネルギーを用いて、実際に被覆(コーティング・表面処理)したい材料を溶融・半溶融状態で基材(母材)に衝突させて、積層させることによって皮膜を形成する表面処理技術(コーティング技術)の1種です。

溶射の利点は、

  1. 溶射材料の種類が豊富
  2. 基材の材質を選ばない
  3. 寸法等に制限が無い
  4. 基材の温度を低温に保ってコーティングが可能

が挙げられます。要約すると、溶射とはあらゆる金属、セラミック(アルミナやジルコニア等々)、サーメット(WC:タングステンカーバイト等)を鋼、鋳鉄、アルミニウムや銅等の様々な金属に対して、基材の温度を300℃以下に保ちながらコーティングする優れた技術です。

弊社は溶射を通じて、磨耗して困る(擦り減って困る)、腐食して困る(錆びて困る)、表面だけ硬くしたい、重量を軽くしたい、異種金属を付けたい、基材の性質を変えたい・・・等々様々なお困り事を解決するコーティングをご提供しております。 

主な目的

耐摩耗・硬度UP・肉盛イメージ
耐摩耗・硬度UP・肉盛

一部分だけ磨耗(擦り減らない)しない様にたい!一部分だけ硬度(硬さ)を上げたい! 一部分だけを肉盛で補修したい!等のニーズに対して、溶射によって対応致します。
一部分だけというニーズが圧倒的に多いのも事実ですが、その機能を全体に付与する事も可能です。

詳しくはこちら
防食・耐腐食・耐薬品イメージ
防食・耐腐食・耐薬品

世の中で圧倒的に多いのは、鋼(鉄)で出来た機械や構造物です。
しかし、鋼は錆びやすい(腐食し易い)事から様々な対処法が考えられますが、長期的に腐食しない表面処理方法として溶射があります。
様々な環境(高温腐食環境、塩水環境、アルカリ環境、酸性環境・・・)に対しても、それに負けない素材を"表面だけに付与"出来るのも溶射です。

詳しくはこちら
耐熱・遮熱イメージ
耐熱・遮熱

鋼(鉄)製の耐熱温度は300~500℃程度ですが、耐熱温度を100℃以上に引き上げる事も溶射によって対応可能です。
また、基材や使用方法にもよりますが、1000℃以上でも使用する事も可能で、更には溶けた金属の中で直接触れても問題ない表面を作る事も出来ます。

詳しくはこちら
電磁調理器・遠赤外線・絶縁通電イメージ
電磁調理器・遠赤外線・絶縁通電

電磁調理器(IH)は、基本的には磁性のある金属しか発熱しませんが、アルミや銅の鍋でも、設備を変えずに電磁調理器にかかる様にする方法として溶射があります。
一部分、又は全体の電気伝導度や熱伝導率を色々と変えたりする事が出来ます。

詳しくはこちら
抗菌・装飾・家庭用イメージ
抗菌・装飾・家庭用

抗菌という作用は、抗菌作用を持つ物質を表面に付与すれば、様々なシーンで使用する事が可能ですが、抗菌物質を表面に付与する方法として溶射があります。
また、滑って困る!見た目をアンティーク風にしたい!金属製品を手作り風にしたい!なども溶射の表面処理方法を使って可能にします。

詳しくはこちら

様々な溶射手法