各種表面処理|鋳造・フラックス・溶射は日本鋳造技術研究所

facebook

お問い合わせフォームへ

事業内容

トップページ事業内容各種表面処理

各種表面処理

表面処理(Surface tretment)とは,素材の表面性質を高めるために行われる手法で、その方法は色々とございます。溶射では硬さや耐摩耗性・耐食性・耐熱性・断熱性がメインとなりますが,更に非粘着性・潤滑性・離型性・耐酸化性・絶縁性の性質を新たに加えるため,テフロンコーティング・セラミックコーティング・ガラスコーティングを駆使することによって,目的にあったコーティング(表面処理)が可能となります。

主な目的

非粘着・耐摩耗性コーティングイメージ
非粘着・耐摩耗性コーティング

粘着性物質、例えば強力な粘着力を有するガムテープ等が引っ付かないコーティング(表面処理)です。弊社の非粘着コーティングは、ヤスリ等で削っても非粘着が維持されるぐらいの耐摩耗性も有しております。

詳しくはこちら
耐酸化・セラミックコーティング・ガラスコーティングイメージ
耐酸化・セラミックコーティング・ガラスコーティング

黒鉛(カーボン)製品は,耐熱性に優れておりますが,酸化消耗が激しく,大気との遮断が必要になります。弊社はガラス状のコーティングとSiCを組み合わせることによってカーボン製品の寿命を延ばすコーティングを実施しております。

詳しくはこちら
低摩擦(潤滑・離型)/高摩擦(滑り止め)コーティングイメージ
低摩擦(潤滑・離型)/高摩擦(滑り止め)コーティング

低摩擦性・潤滑性・離型性はテフロンコーティングに代表される性質ですが,耐摩耗性が悪くすぐに剥離することも多々あります。弊社のコーティングは,溶射や様々なセラミックコーティングを組み合わせることによって耐摩耗性も付与することが可能です。また,スリップ防止のための高摩擦なコーティングも実施しております。

詳しくはこちら
サンドブラスト
サンドブラスト

表面に錆がついているだけで諦めていませんか?塗装やメッキは剥がれ易くなっていませんか?そんな時はブラストです。
ブラストは、表面に付着している様々な物質を削り取っていくだけでなく、アンカー効果と呼ばれる細かなギザギザが形成される為、この後の表面処理層を剥離しにくくする効果があります。

詳しくはこちら