フラックス|鋳造・フラックス・溶射は日本鋳造技術研究所

facebook

お問い合わせフォームへ

事業内容

トップページ事業内容フラックス

フラックス

金属のガス欠陥を減らしたい、金属の不純物巻込みを減らしたい、酸化を減らしたい、鋳造の鋳肌を綺麗にしたい・・・等々様々なお困り事を解決する為、溶解炉や鋳造機に使用する色々なタイプのフラックスを製造しております。
また、溶解・鋳造で使用する様々な黒鉛製品、冶具又は工業薬品も製造・加工しております。

主な製品

溶解用フラックスイメージ
溶解用フラックス

金属溶解で最も問題となるのが【ガス】・【不純物】・【ノロ(滓)】・【酸化】・【歩留】です。 合金や操業{設備}によってお困り事は複雑に絡み合っています。弊社はこれまでにお客様のお困り事を解決する為、100種類以上の溶解用フラックスを製造してきました。 これからもお客様のお困り事にあった溶解用フラックスを1社1社丁寧に製造していきます。

詳しくはこちら
鋳造用フラックスイメージ
鋳造用フラックス

金属鋳造で最も問題となるのが【巻込み】・【巣(ブローホール)】・【表面肌】・【反応化合物】です。
合金や操業{設備}によってお困り事は複雑に絡み合っています。弊社はこれまでにお客様のお困り事を解決する為、100種類以上の鋳造用フラックスを製造してきました。 これからもお客様のお困り事にあった鋳造用フラックスを1社1社丁寧に製造していきます。

詳しくはこちら
除滓剤・工業用木炭・被覆材イメージ
除滓剤・工業用木炭・被覆材

金属の溶解・鋳造にとって欠かせないのが被覆材です。
溶けた金属を被覆する事によって、溶湯の酸化を抑えて様々な製品・設備への悪影響を減らす事が出来ます。
被覆材として標準的な工業用木炭から、様々なお困り事・用途に合わせた高品質な被覆材まで幅広くご提供しております。 また、ノロ(滓)を効率的に取り易くする除滓剤の製造もしております。

詳しくはこちら
黒鉛製品イメージ
黒鉛(グラファイト)・カーボン製品

溶けた金属内(1000℃以上)で使用出来る素材の中で、黒鉛(カーボン)があります。 黒鉛は400~500℃付近から酸化が始まって消耗していく現象がみられますが、弊社では黒鉛(カーボン)の加工と合わせて、極力酸化消耗しない様な表面処理も同時に実施しております。

詳しくはこちら